立ち止まる場所

新しい地に来て、はや6ヶ月目

ふるさと納税チームを始めとした役場職員とその恩恵を受けてきた事業者が一体となる大崎町はすごく雰囲気がいい

よそ者が地域で”地域のために”何か実行するには、行政や住民の協力無くしては難しい

特に大崎町で食プロを進めるにおいて、よそ者仲間がいない僕はそれを痛感した

同時に、サポートしてくれる職員の方々のありがたみを噛み締めている

 

・・・地域のために?

 

これは本音ではない。自分のためだ

長島町にいたときから、僕はきっぱりと宣言している

だけど自分がやることは、地域の誰かのためにも通ずる

その誰かは、地域で出会って、個人的に何かを一緒に目指していきたい人

それが結果的に”地域のために”という抽象度の高いものに繋がる、、くらいでしか考えていない

「事業者の成長」「育成」「地域を盛り上げる」なんて若輩者の僕が口にするのも甚だしい

それに血縁関係の無い町に対して、義理も恩もない

役場という場所は不思議なことに、あたかも自分も町にとって中立的で公平でなければならないという錯覚を起こさせる何かを持っている

受け手もまるでそれが当たり前かのように考え動き発言する

そこからミスマッチが生まれてくる

事業がうまくいかない時に「役場」「商工会」というフレーズが出てくるのは地方くらいだろう

誰の事業なんですか、主体は誰ですか?と問いたくなる

いま大崎町でおこなっているシェフツアーもそう

来る料理人の特徴、業界での立ち位置を吟味したうえで、初対面で100%フルスイングできるくらいの下調べ、質問を持ってこれているのか

全国のトップ生産者と比較されることに早く気づかないといけない

フリーライダーはいらない

別にそこを目指していないというのなら、参加する必要もない

それは単に、ターゲットではないから

それに料理人の本音も引き出せない、芯を食った会話が成立しないようでは結果として繋がり続けることは困難になる

会ってから0を10にして90を聞くのと、会う前に0を99にして1を聞くのでは、明らかにその先の展開が変わってくる

人見知りだから、、話すのが苦手だから、、どうしたらいいかわからない、、など正直どうでもいい

僕は互いの相互作用で、最短で最大限の成果を実現できる人と長い付き合いをしていきたいし、必然的にそうなると思っている

そのためなら自分も寝る間を惜しんで努力すると決めている

立ち止まる場所はそこではない

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA