美食実験室 オーギリ

ガストロノミーラボ O-GiLi

地方には、まだまだ魅力的な可能性(食材・ヒト・観光資源)が眠っています。

情報発信力と食材プロデュース力を持つ「料理人」を通じて「地域のファン」を増やすこと、

それがガストロノミーラボO-GiLi(オーギリ)で行いたいことです。

O-GiLi(オーギリ)に関わった方が「もう一度この食材を食べたい。このヒトに会いたい。この地に訪れたい。」

そんな風に思っていただける機会を提供し、「地方・料理人・消費者」の持続発展的なコミュニティづくりを目指します。

O-GiLi ZEROの様子はこちら↓

 

地方と料理人のマッチング

地方の一次産業では、人口減少・フードロス・低価格大量卸など大きな課題が顕在しています。

一次産業と密接な関係をもつ料理人にとって、これらは他人事ではありません。

O-GiLi(オーギリ)では、物理的な距離や双方を繋ぐパイプ役不足から生まれている”溝”を埋めるべく、

一次産業&飲食業界の発展に繋がるようなマッチングを行います。

 

自由な発想によるアプローチ

ガストロノミーラボO-GiLi(オーギリ)は、レストランではありません。

「美食実験室」と謳うことで、レストランの枠にとらわれない、自由な発想から地方の魅力(味力)を引き出すことができると考えます。

エンターテインメント・テクノロジー・プロダクトなど、様々な要素が含まれ、多角的な視点から地方にアプローチをかけることによる、新たな発見を目指します。

 

お客様ではなく、生徒さん

O-GiLi(オーギリ)では、参加者のみなさまは「お客様」ではなく「生徒さん」です。

料理人が「先生」となり、投げかけられたお題に対して、芸を披露します。

生徒さん参加型にすることで、記憶に残る地方体験をお届けします。

 

歴代先生陣

2017/10/24 オーギリ ゼロ

 

白金台 TIRPSE 田村浩二氏 渥美彰人氏

鹿児島 名山きみや 木宮兄弟

東京大学 鳴海拓志氏

東京大学 泉原厚史氏

鹿児島 ラプティットセリーヌ 西大介氏